コンテンツマネジメントシステムの言語

コンテンツマネジメントシステムにおいて、必ず理解しておかなければならないのが、UIならびにUXというIT言語です。UI及びUXは、ウェブ上にホームページなどを作成するにあたり、構築概念の一つとして理解をしておく必要があります。UIとUXは特に意味を混同してしまいやすいため、正しい知識を身につけておくことが大事です。なぜなら、第三者と対する場合に、意味を履き違えてしまうことで、解釈の仕方に隔たりが出てしまい、これらが重要な誤解を招く結果ともなりかねないからです。

IT言語まずUIとは、User Interfaceの略で、直訳すると接点や接触面という意味になります。User Interfaceは、ユーザーと製品やサービスの接点を表すもので、基本的にユーザーの目につくものは、使用する部分も含めすべてがUIとみなされます。簡単に言えばホームページの場合、PC画面やスマートフォン、モバイル製品画面に表示されるデザインやフォントを含めたもので、本体そのものの視認できるすべてが、User Interfaceということになります。

UXは、User Experienceの略で、直訳すると体験や経験を意味する単語です。つまりUXは、利用者がパソコンやその他モバイル製品を利用することで得られる体験を意味し、コンテンツサービスを利用したことによる経験を意味しています。ホームページなどでは、来訪者が感じるデザインの美しさや文字の読みやすさをはじめ、実際のサービスとして受け止められる問い合わせフォームから購入までの分かりやすさなどがUser Experienceとなります。発注処理が速いかどうか、対応が丁寧か、商品の満足度は高いかということまで、利用者が感じるすべてがUXということです。

関連記事

  1. システムの便利な機能
  2. 多言語サイトの作成